天空の城から時計台

2015年9月14日に行きました。

日本のマチュピチュと呼ばれる竹田城。虎が臥せてるように見えるので虎臥城とも呼ばれている城。晩秋のよく晴れた早朝に朝霧が発生し、雲海に包まれた姿が天に浮かぶ城として天空の城と呼ばれています。運が良ければ貴方も見られます。ここに着くまでは雲海の中にあったのに、着いたら晴れちゃった。また、トライしよう。写真では見ているのに!

余部(あまるべ)鉄橋は3橋を残して展望台空の駅となりました。空の駅の下は公園になりました。

出石の辰鼓楼(しんころう)、時計台。明治14年に洋式時計として完成。古いんだな~。ガンバレヨ、時計さん。

スポンサーリンク
simplicity大
simplicity大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity大