野川のあらまし

2019年4月17日に行きました。

自然観察センターでは武蔵野の自然を楽しみながら動物や植物や昆虫の展示を見たり、また、知らべることができます。子供から爺婆まで、遊んだり、観察したり、撮影したり、学習したり、楽しいです。

わき水が出てますが、飲んではいけません。

わき水広場に、野川との一日、野川公園自然観察園の案内、野川のあらましの看板が有ります。また、野川公園を紹介したパンフレットも有ります。目前に、野川の左岸に続く崖は国分寺崖線といい、高さが10~20mあります。何万年もの昔、多摩川の流れが削ってできた地形で、「ハケ」「ママ」と呼ばれたわき水の多い場所です。

国分寺崖線は、三浦層群の上に、武蔵野レキ層の上に、武蔵野ローム層の上に、立川ローム層の四層で成り立ち、崖の北側の大地に降った雨水が地面に浸み込み、南側の引くいところから湧き出します。わき水が集まって野川に流れます。

スポンサーリンク
simplicity大
simplicity大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
simplicity大